「第5回鮎原下菜の花まつり」の開催中止について

令和2年3月11日

各  位

イベント開催中止について(お知らせ)

時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて、3月29日~4月12日に開催予定しておりました「第5回鮎原下菜の花まつり」は、メイン会場の菜の花畑の生育不良により、十分な菜の花畑の景観をご提供できないと判断し、中止とさせていただくことに致しましたのでお知らせいたします。

楽しみにされていた皆様には、多大なご迷惑をおかけしますこと、また会期開始の直前のご案内となりましたことを、心より深くお詫び申し上げます。

なお、鮎原下産なたね油「下心(しもごころ)」は、喫茶HANA(鮎原下670-1 (0799-32-0210))にて引き続き販売しております。お近くにお越しの際は、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

鮎原下菜の花まつり実行委員会
古民家再生プロジェクト「ついどはん」canvas虚空蔵山竹林公園化構想探検マップアイコンついどはん

古民家のすぐ後ろに建っていた祠。「四ツ辻にあるお堂」

それが→四ッ辻堂→つじどう、と変化しつつ、

現在は「ついどはん」として地元でも親しまれています。

<ついど>という言葉には、元々<道の交わり>という意味がこめられています。

この山里で人と人が交わる。

道が交わっているように人々もこのついどはんで交わって欲しい。

それが集落民の願いです。

ついどはん