カテゴリー別アーカイブ: 第2期活動記録

4月9日(日)菜の花まつり特別イベント開催

鮎原下菜の花まつり実行委員会は、平成29年4月9日(日)10時より、鮎原下安心コミュニティープラザ周辺において菜の花まつり特別イベントを開催します。

主なお楽しみ内容は、
〇だんじり唄「若鮎会」 が菜の花ステージにやって来る!
〇「淡路島ウクレサール」癒しの音楽演奏
〇鮎原米のもちつき大会とぜんざいの振舞(100 食分)
〇なたね油  「下心」を使った旬の天ぷらの振舞い(100食分)
〇「第2回かかしコンテスト 」の投票と結果発表
〇みんな集まれ! 菜の花畑で大記念撮影会

※14時頃に終了の予定です。
※雨天決行(ただし、天候の状況により内容を変更 することがあります

菜の花マップ【案山子コンテスト投票券付(PDF)
かかしコンテストの投票は4月9日(日)10時から13時まで受付します。(当日結果発表!)

4月9日特別イベントちらし(PDF)

集落営農の法人化先進地「株式会社五斗長営農」を視察

相原地区および鮎原下集落の有志が集い、2016年2月28日(日)株式会社五斗長営農の視察を行いました。

株式会社五斗長営農の視察

鮎原下集落は、将来を考え次世代への夢をつなぐため、中山間事業および農地水環境保全事業、また新たに活性化協議会を立ち上げ積極的に取り組む集落としてモデル地区に設定されています。

将来の河川の改修工事ほ場整備事業に向けて、集落営農など組織的な農業を実践していくにあたり、先進地視察として、株式会社五斗長営農を訪問しました。

五斗長垣内遺跡

訪問先である五斗長(ごっさ)は、五斗長垣内遺跡として全国に知られており淡路市黒谷地区に位置しています。

兵庫県淡路市黒谷1395-3番地

 

視察先では「株式会社五斗長営農」の企画グループ・高田一民様より「集落営農の法人化」の手法についてお話を聞きました。

「株式会社五斗長営農」の企画グループ・高田一民様

「株式会社五斗長営農」企画グループ・高田一民氏

『農村集落を守るためには、農地を健全に維持すること』
『農地を健全に維持するためには、安定して農業を続けること』
『安定して農業を続けるための手法として、五斗長は、集落営農の法人化を選択したこと』

安心して安全に暮らせる集落をつくるため、集落営農組織が果たす役割について、実践的なお話をお伺いすることができました。

五斗長垣内遺跡活用拠点施設

五斗長垣内遺跡活用拠点施設

株式会社五斗長営農

株式会社五斗長営農・器具庫の見学

直営レストラン「まるごキッチン」

直営レストラン「まるごキッチン」

鳥獣防護柵の設置及び適正管理

第2期鮎原下農地水環境保全隊では、イノシシ対策として、防護柵の設置・適正管理を主な活動内容とし、そのための実践活動及び啓蒙活動をすすめてまいります。

参加者は、家庭菜園等の被害も想定されるため、農業者と非農業者が共同で作業できるよう考慮いたします。